スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dangerous Davies (2003) - The Last Detective S01 E01, based on the novel by Leslie Thomas, starring Peter Davison

 今日紹介するのは、先日(と言ってもまた前回の更新から大分時間が経ってしまったが)紹介したLeslie Thomas(レスリー・トーマス)原作のDangerous Davies: The Last Detective (1976)のテレビドラマ化作品。

 原作シリーズでは第一作のドラマ化作品に当たるが、元々シリーズ化を意図して制作されたドラマなのだろう、パイロット作品として映像化されている。

 下に添付したのはDVDのカバー表紙。私が持っていたバージョンではないので、アマゾンから借用。先日紹介したBernard Cribbins主演のテレビ映画でのBernard CribbinsとBill Maynardのコンビよりはビジュアルの面で原作のDangerousとModのイメージに近いか。


The Last Detective DVD
(左からMod役のSean HughesとDangerous Davies役のPeter Davison)


 先日も書いたが、主演のPeter Davisonはかなりの売れっ子俳優さんで出演作も多いが、イギリスのミステリドラマ作品のファンには、Margery Allingham(マージェリー・アリンガム)原作のAlbert Campion(アルバート・キャンピオン)もののシリーズ映像化作品CampionでのAlbert Campion役が一番馴染み深いか。他にはGladys Mitchell(グラディス・ミッチェル)原作のMrs. Bradley(ブラッドリー夫人)もののシリーズ映像化作品The Mrs Bradley MysteriesでのInspector Christmas役、それにJoan Hickson主演のAgatha Christie's Miss MarpleのA Pocket Full of RyeでのLance Fortescue役、Geraldine McEwan主演のAgatha Christie's MarpleのAt Bertram's HotelでのHubert Curtain役といったミス・マープルものでもチョコチョコ出演している。本国イギリスでは主な出演作品としてDoctor WhoやAll Creatures Great and Smallといった作品が先ず挙げられるようだが、日本ではかなりマイナーか。

 相棒のMod役のSean Hughesは元々基本的にコメディアン(stand-up comedian)。


 先日の紹介時にも貼ったが、一応さわりだけどんな感じなのかYoutubeにある動画を。ただ、こちらは今日紹介しているパイロット作品ではなく、続きの本編作品の紹介動画。





***************************************

 以下、多少ネタバレがあるかもしれないが、そんな心配をする必要があるほどメジャーな作品でもないか。


 原作との主な相違点は下記の通り。

 ・時代設定
 原作では1970年代半ばの時代設定において四半世紀前の1950年前後に起きたCelia Norrisの失踪事件を取り扱っていたが、ドラマのシリーズ化を見越して視聴者に馴染みやすくしたのだろう、時代設定は現代(制作・放送時期)の2003年前後、Celiaの失踪はその約20年前の1982年となっている。
 当然Daviesだけでなく、同僚や上司のキャラから服装まで随分現代っぽい。この辺は原作を読んでからこのドラマを見る人もいないだろうから全く問題なし。

 ・妻との関係
 原作ではすっかり冷え切っているものの未だに婚姻関係にあり、別々の部屋を借りながらも同じマンション(アパート?)に住んで食事は一緒にとったりしているので、一応安定した「同居生活」は送っている。また、後半にはまだお互いに思いやる気持ちが残っているような場面描写もあり。そして何といっても妻も地味で全く魅力のない女性として描写されており、プライベートの面からもDaviesの負け犬キャラを印象付けるのに一役買っている。
 が、これもその後のシリーズ化を見越しての改変であろう、このドラマではお互い相手に対する気持ちを残しながらも現在別居して離婚調停中という設定であり、よりを戻すのか、結局別れてしまうのか、そのまま中途半端な状態がしばらく続くのかがシリーズを通しての展開の一つの軸となって行く。そのために妻役がそれなりに魅力的な女性の設定になっているので、現在多少プライベートで寂しくunhappyな様子は描かれるものの結果的にDaviesが全然負け犬キャラになっていない。

 ・犯人
 これもその後のシリーズ化を見越しての改変であろう、犯人役が原作とは異なる。

 ・"Dangerous" (デンジャラス) Daviesの呼称と"The Last Detective"の由来
 先日紹介したように、原作では、何故Daviesが"Dangerous" (デンジャラス)なのか、"The Last Detective"と呼ばれるのかが冒頭に数行で簡潔に示される。

 < This is the story of a man who became deeply concerned with the unsolved murder of a young girl, committed twenty-five years before.
  He was a drunk, lost, laughed at and frequently baffled; poor attributes for a detective. But he was patient too, and dogged. He was called Dangerous Davies (because he was said to be harmless) and was known in the London police as 'The Last Detective' since he was never dispatched on any assignment unless it was very risky or there was no one else to send. >

 が、ここではDaviesが上司や同僚に馬鹿にされ雑用ばかり押し付けられる様は描かれていても、何故Daviesが"Dangerous" (デンジャラス)なのかは示されないまま同僚やModだけでなくDaviesの妻までもが"何故かDangerous" (デンジャラス)の呼称を使う。上司からは当然ラスト・ネームで"Davies"と呼ばれるため、結果的に、Daviesのファースト・ネームが分からない、所謂モース警部状態となってしまっている。
 また、番組タイトルになっている"The Last Detective"の呼称についても番組の最後に漸く登場し、そのニュアンスも原作のそれとは若干異なる。


 個人的にはDaviesが原作にあるほどの負け犬キャラになっていないのは残念であったが、ドラマの展開もあるし、Peter Davison演じるDaviesが中々魅力的だったこともあって、それなりに納得。

 個人的により残念だったのは、Modのキャラの方。Sean Hughes演じるModは間違いなく魅力的であるが、原作のModの一番の良さであるニート哲学者で積極的に無職でいようとするキャラが、ここでは就職・求職活動にそれなりに積極的に見えたのが結構引っかかった。しかもDaviesよりも常識人ぽく法律を遵守する様子も。これでは何のための哲学者キャラなんだが個人的にはよく分からん。

 < Thin Minnie Banks, the schoolteacher, attempted to correct some abysmal exercise books for the day's lessons, while drinking her weak tea. Mod, undoing the Guardian, sat down to his toast, glanced over her shoulder and remarked: 'Training the future unemployed, I see.'
  'You can talk!' Her voice was as piping as her frame. 'Since when, Mr Lewis, have you done a day's work?'
  Mod sniffed like a managing director and spread his paper. 'It takes a great deal of skill and technique to remain unemployed,' he observed. 'I doubt if your pupils would ever reach the required standard.' >

 やっぱりModのキャラはこうでなくちゃ。まぁ、日本人女子学生に英語を教えている場面は中々良かったが。確かに90~2000年代のイギリスへ語学留学していた学生の雰囲気はこんな感じだったかも。


***************************************


The Last Detective Pilot 00
(左からJulie Davies役のEmma AmosとDangerous Davies役のPeter Davison)

 犬がデカいのは原作通りだが、原作よりまともでDaviesに懐いている感じ。もう少し原作通りバカっぽく汚らしくても良かったかも。原作通りKittyと呼ばれてたかどうかは憶えていない。

 このドラマシリーズではDaviesと妻との繋がりを保つという重要な役割も。

***************************************


The Last Detective Pilot 01
(左からDangerous Davies役のPeter DavisonとYardley役のDavid Troughton)

***************************************


The Last Detective Pilot 02
(左からJosie役のJoanne FroggattとDangerous Davies役のPeter Davison)

 映画版と違い、Josieと(回想シーン中の)Celiaは同じ女優で一人二役。この点はこちらのドラマの方が良かった。

***************************************


The Last Detective Pilot 03
(左からMod役のSean HughesとDangerous Davies役のPeter Davison)

 このドラマではやたらバイトやら就職に熱心なModだったが、原作通りDaviesと飲んではアホなことをやってくれるのがやはり一番かと。


The Last Detective Pilot 04
(左からMod役のSean Hughes、Dangerous Davies役のPeter Davisonと馬)

 よくこの短い尺の中で原作にあるこのシーンを再現してくれたもの。決してAll Creatures Great and Smallの一シーンではない。


***************************************

 Daviesの上司・同僚たち。

The Last Detective Pilot 05
(左からDI Aspinall役のRob SpendloveとDangerous Davies役のPeter Davison)


The Last Detective Pilot 06
(左からDC Barrett役のBilly GeraghtyとDS Pimlott役のCharles De'Ath)


 この辺は原作とは随分違うが、それも仕方ないか。

 個人的な好き嫌いはさておき、実際の職場にもこんな上司や同僚はいくらでもいそう。


***************************************


The Last Detective Pilot 07
(左からMod役のSean HughesとDangerous Davies役のPeter Davison、それにもう一匹)

 そして何とも微笑ましいラスト・シーン。

***************************************

 モースものやフロストものにあるダークさやハラハラ・ドキドキといった展開、それにホームズものやポワロもののにある冴え渡る推理というのは殆どない。また、原作にあるDaviesのダメ刑事ぶり、Modのニート哲学者ぶりの原作に忠実な映像化といった点ではこのドラマ化作品に多少不満がないでもないし、原作や映画化作品にあったコミカルな部分も随分弱くなってしまっているという印象もあるが、全体的には中々に楽しめる及第点の作品。もちろん原作を読んでいる必要は全くなく、取り敢えず海外ドラマ好きの方全般にはそこそこにお薦めできる作品。


出演:
Peter Davison (Dangerous Davies)
Sean Hughes (Mod)
Rob Spendlove (DI Aspinall)
Emma Amos (Julie Davies)
David Troughton (Yardley)
Charles De'Ath (DS Pimlott)
Billy Geraghty (DC Barrett)
Joanne Froggatt (Josie / Celia)
Ingrid Lacey (Roxanne)
Rupert Farley (Burridge)
Ian Targett (Lind)
Andy Greenhalgh (Andrew Parsons)
Desmond McNamara (Block)
Kenneth McDonald (Stephen Pierce)
Peter Czajkowski (Christian)
Mohammad George (Warren)
Natalie Dakin (Young Roxanne)
Jalaal Hartley (Young Burridge)
Jason Heppenstall (Young Lind)
Leon Black (Warren's Mate)
Mike Smith (Jimmy Ramscar)
Rachel Davies (Mrs Norris)
Leslie Schofield (Mr Norris)



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。