スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The First Noel (1979) - To the Manor Born Series 1 Episode 8 (Christmas Special)

 先日に引き続いて今日紹介するのはTo the Manor Bornのシリーズ1の第8話にしてクリスマス特別編。

 あくまでクリスマスの時期に放送された特別編であり、しかも先日紹介したシリーズ1の第7話と比べるとかなり面白さの点で見劣りするため紹介しようかどうか随分迷ったが、今回のTo the Manor Bornの紹介の契機がここでRector役を演じているGerald Simを追悼するためだったこともあり、ここは敢えて紹介。先日紹介の第7話は非常に面白くシリーズ1の最後を飾るに相応しい一話だったもののこの肝腎のRectorが登場しなかったのである。ただ今日紹介するこのクリスマス特別編では、今度はTo the Manor Bornでの私のもう一人のお気に入りであるBrabinger役のJohn Rudlingの姿が見えないのが何とも残念であるが。


To the Manor Born
(左からAudrey fforbes-Hamilton役のPenelope KeithとRichard DeVere役のPeter Bowles)


 以下はそれほどネタバレにならない程度の第八話あらすじ。

 < - クリスマスを前にしてのRectorによるsermonにおいて、Grantleighの主として個人名を出された上で何度も貢献を感謝されるDeVereに対して、自らは全く言及すらされずにwomenの一人として扱われ不満を募らせるAudrey。何としてもDeVereを出し抜いて自分が今までGrantleigh Manorの館主として担って来た役目を少しでも死守しようとChristmas Cribの準備という最後に残された作業に取り掛かるが - >


 以下では更なるネタバレあり。


***************************************

The Rector: First, the Parish notices about our Christmas actvities. This week, as you know, we had the Christmas collection for old people of the Parish, which raised the sum of four hundred pounds. A record amount, due largely to a substantial contribution donated by our Lord of the Manor, Mr. DeVere. Our thanks are due to him.

To the Manor Born S01 E08 01
(Rector役のGerald Sim)

 クリスマス直前とあって、珍しくRectorがRectorらしく振舞っている場面。それでも中々良い味を出しているが。

 この後も更にDeVere礼賛の言が続き、Audreyがどんどん不機嫌に。

***************************************

To the Manor Born S01 E08 03
(左からRichard DeVere役のPeter BowlesとRector役のGerald Sim)

DeVere: Oh, would you like another sherry?
The Rector: Oh, wine is a mocker, strong drink is raging. Proverbs 20. Yes, please.

To the Manor Born S01 E08 04
(左からRichard DeVere役のPeter BowlesとRector役のGerald Sim)

 ホント、アルコールがあるだけで、または食べ物(特にデザートのスイーツ)があるだけで機嫌が良くなる人、それらがないだけで不機嫌になる人って実際に結構いるものである。その辺の感覚が正直、個人的には良く分からんが、そう考えるとやはり私はあまり食事にはうるさくない方なのかも。
 特に向こうでは聖職者でも飲むときは飲むので。と、ここまで書いたところで思ったんだが、日本でも牧師さんでも坊さんでも結構飲んでる人を何度か見たことがあったっけ。あんまりどこの国だの聖職者だのといったことには関係ないのかも。飲酒運転に対する許容性に関しては年代や地域性がかなり出るようだが。

***************************************

Ned: Oh, dear. You've made the figures too big, Mrs. fforbes.
Audrey: You mean, you made the stable too small?

To the Manor Born S01 E08 05
(左からAudrey fforbes-Hamilton役のPenelope KeithとNed役のMichael Bilton)

Marjory: Oh, Audrey! Aren't those lovely!
Audrey: Oh, thank you, Marjory.
Marjory: But haven't you made them too small?
Audrey: Too small?
Marjory: Well, surely! I mean, look!
Audrey: ...

To the Manor Born S01 E08 06
(左からAudrey fforbes-Hamilton役のPenelope Keith、Ned役のMichael BiltonとMarjory Frobisher役のAngela Thorne)

 三人寄ってもアホはアホ、というか、アホの三乗ということか。

 Christmas cribというのは向こうではどれだけ伝統的且つ一般的なんだろう。何度か目にしたことはあるが、準備したことは一度もない。というか、クリスマスの前後に教会に行く機会があまりなかったからか。まぁ、行った時も信者としてというよりは観光ではないが興味半分の見学という形で行ったから、そういった作業に参加することもなかったのか。日本ではこういうのを見たことがないが、日本でもキリスト教徒なら馴染みのあるものなんだろうか。

***************************************


 最初に書いたように、残念ながら先に紹介したシリーズ1の第7話と比べると相当に見劣りする一話。Ned役のMichael Biltonが頑張って良い味を出しているが、それでもやはりBrabinger役のJohn Rudlingの穴は埋められなかったようで。ただ、これも最初に書いたように、ここでの主役はあくまでRector役のGerald Simだった訳で。

 この一話ではBrabingerは孫娘とクリスマスを一緒に過ごすために短期休暇を取っている設定になっているが、今調べてみると、何でもこの頃Brabinger役のJohn Rudlingは体調を崩していたらしく、シリーズ2でもあまり出て来なかった。考えてみれば1979年のシリーズ1放送時に既に72歳になっていた訳で、それもあまり驚くには値しないか。残念ながらBrabinger役のJohn RudlingとMrs. Polouvicka役のDaphne Heardは、1981年にTo the Manor Born本編の最終シリーズ(シリーズ3)の制作・放送が終了した後、共に1983年に亡くなってしまったらしい。

 そう考えると、Rector役のGerald Simはかなり長生きした方か。ちなみにGerald Simは既に引退していた2007年に制作・放送された一話限りのTo the Manor Born特別編にもちょっとだけゲスト出演。これが彼の最後の出演作となった。

To the Manor Born S04
(Rector役のGerald Sim)


 今回レビューして改めて思ったが、To the Manor BornはAudreyとRichard DeVereの恋愛模様(くっつくかくっつかないか)が前面に出た作品のため、やはりどちらかというと女性向の作品だと思う。Grantleigh Manorを舞台に繰り広げられるイギリスの伝統ある階級社会を背景とした作品なので、イギリスのそういったドラマ作品が好きな人にもお薦め。

 今後To the Manor Bornのシリーズ2以降を紹介する可能性は今のところ低いと思うが、最後にGerald Simのご冥福をお祈りしてTo the Manor Bornのシリーズ1の紹介を終えたいと思う。


出演:
Penelope Keith (Audrey fforbes-Hamilton)
Peter Bowles (Richard DeVere)
Angela Thorne (Marjory Frobisher)
Michael Bilton (Ned)
Daphne Heard (Mrs. Polouvicka)
Gerald Sim (The Rector)
Betty Tucker (Mrs. Beecham)



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
***************************************

個人的なメモ・備忘録・独り言

 FAカップは取り合えずArsenalが取ったか。後は今後どんな選手を補強するかだが、ManU、ManCが挽回して来るだろうから、例え今季より強くなっても来季また順位を下げる可能性も大か。それにしても、これでSouthamptonにもまたヨーロッパリーグ出場の目が出て来たのか。

 何だか爆破予告だの殺害予告だの最近は随分ものものしいですな。いろんな人がいる訳だから、一般人の主義主張が拡散しやすい現代のネット社会では、こういうニュースが多くなるのもある程度仕方ないのか。昔より物騒な世の中になったとは必ずしも思わないが、そう感じさせられる機会は今後も確実に増えて行くんだろう。

***************************************
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして☆

緊張しながらのコメントなのでおかしいところあったらすみません。
ここのところ災難続きで凹んでばかりいました。

でもIdlerさんのブログに巡り合えて読ませて頂いて気持ちが落ち着いて和みました
自分で自分のことを少し追い詰め過ぎていたのかもしれません。

そんなことにを気づくきっかけをくれたIdlerさんとほんの少しだけでも言葉を交わしあえたらなと思うんですがどうでしょう…?
ほんの少しでも聞いて頂けたら自分の中で何かを変えられるんじゃないか…なんて思えたので。

コメントで悩みを打ち明けるのは気恥ずかしいですし直接反せないでしょうか。

迷惑でしたらコメント削除しちゃってください。
急な申し出すみませんがお待ちしてます、

Re: 初めまして☆

りんごさん

初めまして。コメントありがとうございます。

このブログでそんなに気持ちが落ち着いて和む記事なんてありましたっけ。

あまりコメントをもらうことのないブログなので
私自身よく分かってませんが、恐らく非公開コメントの
ところにチェックを入れていただければ、内容は公開されないと
思いますので、公開コメントとして書きにくいことがあれば
今後はそちらにお願いできればと思います。

その内容によってもし私で何かお役に立つことがあるようでしたら
対応させていただきたいと思います
(メールアドレスに返信すれば良いんでしょうか)。

今後とも宜しくお願いします。
プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。