スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Touch of Class (1979) - To the Manor Born Series 1 Episode 7

 先日に引き続いて今日紹介するのはTo the Manor Bornのシリーズ1の第7話。同年に放送されたクリスマス特別編の一話があるものの、一応シリーズ1としてはこれが最終話。


To the Manor Born
(左からAudrey fforbes-Hamilton役のPenelope KeithとRichard DeVere役のPeter Bowles)


 以下はそれほどネタバレにならない程度の第七話あらすじ。

 < - いよいよ経済的に困窮するAudrey。ついに銀行から小切手が不渡りになったとの通知を受けた日に、通知を後で見たことにして最後の買い物にとDeVereが経営する近所のスーパー・マーケットへ。初めてのスーパー・マーケットでの買い物を大いに満喫し、DeVereへのあてつけにわざわざ小切手で支払いを済ませたものの、Grantleigh界隈での社会の劇的な変化を感じて当惑する。
 一方DeVereは自分の社会的地位の対外的なイメージアップのため、伝統あるGrantleigh Manorの当主としてトニック・ウォーターのコマーシャルの撮影に挑むが - >


 以下では更なるネタバレあり。


***************************************

Audrey: Oh, hello Ned. Is this yours? I'm terribly sorry. I've never been in one of these places before.
Ned: Now, I can see that, ma'am.
Audrey: Isn't it fabulous?
Ned: Oh, it is that. You get the best meat and the freshest vegetables in the whole county in here.
Audrey: Except for our own home-grown produce. I mean, the Grantleigh Estate is well known for its... Ned, what are these?


To the Manor Born S01 E07 03
(左からBrabinger役のJohn Rudling、Audrey fforbes-Hamilton役のPenelope KeithとNed役のMichael Bilton)

Ned: Frozen peas, ma'am. It's advertised on television.
Audrey: But surely, you grow your own...
Ned: I can't grow them like that. All fresh and juicy. Lovely and ripe and green they are.
Audrey: Green? Do you have a colour television?
Ned: Of course, ma'am.
Audrey: But Ned, you live in a tide cottage...
Ned: Yes, ma'am. But it don't affect the reception.

 Grantleighで充分すぎるほどに自給自足できていると思い込んでいた農作物やkindlingまでスーパーで購入するNedに愕然とするAudrey。それはショックでしょうな。

 イギリスでも当時はまだまだカラーテレビがない家庭が結構あったのだろうか。時代ですな。今やテレビを見ない、そもそもテレビを持っていない人もかなり多くなってしまったようで。かく言う私もその一人だが。

 tide cottageというのも以下で触れるhunting pinkと同様このエピソードで憶えた(復習した?)語。ただ、ちゃんと憶えたとしても今後自分で使う機会のある語とはとても思えないが。

***************************************

Polly: How much is this toilet roll pack?
The Shop Assistant: Which size?
DeVere: Special offer, jumbo size.


To the Manor Born S01 E07 04
(左からBrabinger役のJohn Rudling、Audrey fforbes-Hamilton役のPenelope KeithとPolly役のCelia Imrie)

 狭い店内で自分が買ったセールの品、しかもトイレ用品の値段について大声を上げられた日には何ともばつが悪いだろう。視線を逸らしたくなる気持ちもよく分かる。

 それにしてもチョイ役のCelia Imrieが若い!エンディングで出演者名が出るまで全く気が付かなかった。が、ほんの少しのセリフでも良い味を出しているところはさすが。やはり名女優は若い頃から一味違いますな。

***************************************

To the Manor Born S01 E07 02
(Richard DeVere(played by Peter Bowles) in hunting pink)

 う~ん、このアメリカ人プロデューサー役ではないが、さすがにこれはいくら何でもピンク(pink)じゃなくて赤(red)だと思うが。

 ここであるように、演技をしている役者がドラマの中で役を演じる(つまり「演技をしている」演技をする)のは中々手加減さじ加減が難しいといつも思うんだが、Peter Bowlesはさすがに巧いもので普段の演技と素人が演技をしている演技をする際の差異が何とも絶妙で。

***************************************

Bob Roberts: Er, now listen to me, Mr., er... sorry, I didn't get your name.
Brabinger: Brabinger, sir.
Bob Roberts: Yeah. I need a butler. Can you do it?
Brabinger: Oh, I, er, I don't...
Bob Roberts: Only take you half an hour. And we'll pay you, of course.
Brabinger: ... in money, sir?
Bob Roberts: Plus repeat fees and as much tonic water as you can drink. Interested?
Brabinger: I, I'm very interested indeed. It's a long time since I was paid in money for being a butler.


To the Manor Born S01 E07 05
(左からBrabinger役のJohn RudlingとBob Roberts役のBlain Fairman)

 これは70年代当時というか、正確にはbutlerの存在がもう少し一般的だった頃は普通だったんだろうか。住み込みで働いていたにしても、賃金での支払いがゼロで困ることはなかったんだろうか。

***************************************

 本日のオバさん方お姉様方の応酬。Audreyがいよいよfull swingで。

[Audrey peering through binoculars]
Audrey: Brabinger's been a long time. Do you think he's been shanghaied?
Marjory: Who'd want to shanghai Brabinger?
Audrey: DeVere would. Brabinger's the only thing I've got that he hasn't.
Marjory: You've got DeVere on the brain. Can you see what they're doing?
Audrey: No, it must be something very peculiar. They've drawn the curtains.
Marjory: Perhaps it's a sex film.
Audrey: With Brabinger? You've got sex on the brain.

 shanghaiと云う語は地名以外では初めて見た(聴いた)かも。


To the Manor Born S01 E07 01
(左からMarjory Frobisher役のAngela ThorneとAudrey fforbes-Hamilton役のPenelope Keith)

[Audrey and Marjory discussing the job advertisement in the newspaper]
Audrey: It's a man's job.
Marjory: Well, women do men's jobs these days.
Audrey: I don't approve of all these sex equality. I mean, what was wrong with women being the dominant partners?

[Audrey and Marjory discussing the invitation to a charity party]
Audrey: We have let things go too far, Marjory.
Marjory: Well, I suppose that's the price of democracy.
Audrey: At 35 pounds a ticket, it's too expensive. Democracy is all very well. But why give it to the people?

***************************************

To the Manor Born S01 E07 06
(左からAudrey fforbes-Hamilton役のPenelope KeithとBrabinger役のJohn Rudling)

Mrs. Polouvicka: [to Audrey] There is a saying in old Czechoslovakia, that the cat who eats from the dog's bowl gets her whiskers bitten off. Watch your step my girl.

 珍しくMrs. PolouvickaがAudreyに噛みつくシーン。まぁ、自分の息子に当たるはずのスポットライトがこうなっては、それは怒るわな。

***************************************

To the Manor Born S01 E07 07
(左からAudrey fforbes-Hamilton役のPenelope KeithとRichard DeVere役のPeter Bowles)

DeVere: I must say I can't think of a pleasanter way of adding a touch of class.
Audrey: I never thought I'd hear myself saying this Richard, but I can't think of a pleasanter way of adding a touch of money.

 一方で、AudreyとDeVereはお互いの健闘を称え合って(?)そのまま仲良くチャリティー・パーティーへ。一応ハッピー・エンドのエピソード、なのかな。DeVereの懐の深さが際立っているようにしか思えんが。

***************************************


 クリスマス特別編の一話を除けばシリーズ1の最終話だけに中々面白かった。このTo the Manor Bornのシリーズ1はエピソードの出来にかなり波があるように感じられるが、これはシリーズ1の中でも特にお薦めできる一話。

 あまり面白くなかったが、最後にクリスマス特別編を紹介してこのTo the Manor Bornのシリーズ1の紹介を終える予定。


出演:
Penelope Keith (Audrey fforbes-Hamilton)
Peter Bowles (Richard DeVere)
Angela Thorne (Marjory Frobisher)
John Rudling (Brabinger)
Daphne Heard (Mrs. Polouvicka)
Michael Bilton (Ned)
Blain Fairman (Bob Roberts)
John Gleeson (Mr. Purvis)
Celia Imrie (Polly)



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
***************************************

個人的なメモ・備忘録・独り言

 今晩の地震は久しぶりに結構ビビった。長くて嫌な揺れでしたな。こういう時だけ(かな?)はホント、どこか移住出来る国はないかな、などと一瞬フッと真剣に検討しようとする自分がいたりして。

 FIFAはもう完全に腐りきってますな。日本サッカー協会がクリーンに見えたりして。まぁ、どこの団体でも突っつけばグレーな部分はいくらでもあるんだろうが、FIFAはもうどこもかしこも真っ黒なようで。さて、どこまで闇が明らかになりますか。まさかトカゲのしっぽ切りで済む問題でもないだろうに。

 各国リーグも終わり、あとはFAカップの決勝とチャンピオンズ・リーグ決勝を残すのみ。FAカップをArsenalが取れば取り敢えずファンは今季の結果に満足か。まぁ、アストンビラ相手だったら7割方Arsenal有利ということになるんだろうが、一発勝負なので何でもありだろう。チャンピオンズ・リーグもバルサ有利の下馬評なんだろうが、イタリア勢は守れるのでユーベにも勝機はあるか。まぁ、ワールドカップを含めトーナメントというのは一般に準々決勝辺りが一番面白いと言うが、今回のFAカップとチャンピオンズ・リーグもそうなる可能性が大のようで。良い意味で予想を裏切ってもらいたいところ。

***************************************
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。