スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why? (1993) - As Time Goes By Series 2 Episode 4

 先日に引き続いてのBob Larbeyの追悼特集で今日紹介するのはAs Time Goes Byのシリーズ2の第4話。


As Time Goes By S02
(左からJean Pargetter役のJudi DenchとLionel Hardcastle役のGeoffrey Palmer)


 以下はそれほどネタバレにならない程度の第四話のあらすじ。

 < - いよいよ自伝の出版日が近づき、イメージ戦略の一環としてAlistairの指示に従ってスーツやネクタイを新調して著者としてのイメージづくりに取り組むLionel。本が売れないであろうことを悲観する中で、今更、Alistairが何故自分のケニアでの生活を記した退屈な自伝本を出版するのか、そして何故出版社の社長であるAlistair自らがこれほどまでに甲斐甲斐しく自分の世話を焼いてくれるのか疑問に思い始めるLionelだったが - >


 今日紹介する一話も今回YouTubeでは見つけることが出来なかった。


 以下では更なるネタバレあり。


***************************************

As Time Goes By E04 00
(左からJean Pargetter役のJudi DenchとLionel Hardcastle役のGeoffrey Palmer)

Jean: You will be cheerful, won't you?
Lionel: Unbearably, I should grin all the time like this.
Jean: ...Stop it, Lionel! Lionel, stop it! Lionel, stop! Stop it, Lionel! Lionel!

 メチャクチャ笑えると同時にメチャクチャ怖いLionel。これもイメージ戦略の一環なのか。

***************************************

As Time Goes By E04 01
(左からLionel Hardcastle役のGeoffrey PalmerとAlistair Deacon役のPhilip Bretherton)

Alistair: Sorry to keep you waiting, mate. I've been on the phone sorting out Italy.
Lionel: The Italians haveve been trying to do that for years.

***************************************

As Time Goes By E04 02
(左からJudith Hanson役のMoira BrookerとJean Pargetter役のJudi Dench)

Judith: Nice lunch?
Jean: Oh, yes. Very nice. Nice night?
Judith: Oh...
Jean: You said you were staying with friends.
Judith: Well, Alistair is a friend. Mum, it's not anything serious.
Jean: Judy, men like Alistair, ...
Judith: Yes? Go on.
Jean: I can't finish the sentence. I don't know any men like Alistair.

***************************************

Alistair: Nice to see you again, mate.
Lionel: It's good of you to make the time, Alistair.
Alistair: I've always got time for you. You know that.
Lionel: That's what bothering me. You shouldn't have.
Alistair: Come again?
Lionel: I am a minor author.
Alistair: Let's qualify that.
Lionel: No, let's not. I'm not a complete fool. May I sit down?
Alistair: Sure. But to be like super honest, I, er...
Lionel: Don't worry. I should come like super fast to the point.
Alistair: Shoot.

As Time Goes By E04 03
(Alistair Deacon役のPhilip Bretherton)

Lionel: You told me why you decided to publish the book, which I can just about make myself believe. But why the hell are you personally putting so much time and effort into it? Into me?
Alistair: I like you.
Lionel: Alistair, to do what you're doing, it wouldn't be enough to like me. You'd have to be madly in love with me, and you're not, are you?
Alistair: I'm not bi(sexual), Li(onel).

***************************************


出演:
Judi Dench (Jean Pargetter)
Geoffrey Palmer (Lionel Hardcastle)
Moira Brooker (Judith Hanson)
Philip Bretherton (Alistair Deacon)
Jenny Funnell (Sandy)
Dennis Ramsden (Suit Salesman)
Arthur Whybrow (Homeless Man)



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
***************************************

個人的なメモ・備忘録・独り言

 理研のゴタゴタはあれで一区切りなんだろうか。途中から私を含め多くの人が予想していた通りの結末を迎えたようで。小保方氏が今後どのような人生を歩むのかはゴシップ系の週刊誌の格好のネタだろうから、好むと好まざるとに関わらず、いずれ我々の耳にも届くことだろう。

 小保方氏のしたことは悪質極まりないが、今回のことで、彼女に博士号を与えることになった大学の研究室の卒業者の多くも程度の差こそあれ何らかの不正(コピペ等)をしていたことや彼女が理研に雇用された経緯等、小保方氏個人の資質だけでは説明できない数多くの不正と杜撰且つ無責任な研究者の存在がクローズアップされることになった。何とも嘆かわしいが、こんなものは氷山の一角であろうし、少しでもアカデミックな環境にいた者であれば今更それほど驚くことでもないだろう。

 驚き呆れるのは寧ろ責任を取るべき者の責任の取り方(というか大抵の場合何ら処罰を受けていない)や総括の仕方。理研のトップも何ら責任を取らないし、小保方氏を元々理研で採用した責任者も責任を取っていないだろう(確か故笹井氏ではなかったというような話も聞いた)。一番悪いのは文科省だが、ここが責任を取る訳もない。そして何故かそのとばっちりを全く関係のない者が受けることになる。STAP細胞の研究に元々無関係の有能で且つ勤勉な理研の研究者の中にも、この騒動の余波の予算カットで路頭に迷うことになる人が出て来そう。全くもって気の毒な話。

 博士論文コピペ問題も、調査は早稲田の一部の学部に留まるのだろう。相当酷い状況のようだが、早稲田でこれであれば他も、と考えるのが自然だが、文科省を始めそんなことを自主的に調査する大学・研究機関はないようで。あっても結果は公表されないだろう。

 今回の小保方氏の件のように前代未聞の不正・捏造でも起きない限りは寝た子(寝た犬でも良いが)は起こされないということか。

 それにしても日本は(と言う言い方は好きではないが)どうしてこうトップに甘いのだろう。あれだけお金も権力も集中しているのに。政治家でも官僚でも研究者でも元スポーツ選手でも、とにかく誰も責任を取らない。大相撲もプロ野球もそう。サッカーでも、W杯でのザック・ジャパンの総括も碌にせずに解任して全然違うサッカーをする監督を連れて来ておきながら、そもそもその監督の身辺調査も碌にしていないのでは。ザック・ジャパンの成績が思わしくなければ本来なら監督と共に監督を選出し支えたサッカー協会の幹部も責任を取るべきなのだが。トップが責任を取らなくて済む集団であれば、いつまで経っても状況は改善されることはないだろうに。

 何だか随分長ったらしく重いボヤキになってしまった。

 ロシアのルーブルの下落はすごそう。ChelseaのAbramovichもArsenalのUsmanovもたった二日間でいくらふいにしているんだか。それでもまだ相当な金持ちのようだが。まぁ、貧乏人には縁のない話題ですな。

***************************************
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。