スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼Bob Larbey - White Hunter (1993) - As Time Goes By Series 2 Episode 1

 今日から数日間続くであろう記事はBob Larbeyの追悼特集。Bob Larbeyの訃報を伝える記事はコチラ。実際に亡くなったのは暫く前で今年の3月末。これまでにこのブログでは何人かのイギリス人の俳優、作家の追悼記事を書いて来たが、もしかしたらライターの追悼記事はこれが初めてかも。今回取り上げた理由は簡単で、イギリスのsitcomの分野で恐らく私が一番好きなライターさんだから。


 YouTubeで見つけたThe Good LifeでMargo役を演じたPenelope KeithによるBob Larbeyの追悼動画。今日の記事とかなり重なる部分あり。





 多くの作品をパートナーのJohn Esmondeと書いたため、一般にはEsmonde and Larbeyのコンビの片割れとしてより知られているのかも。このブログでもこれまでThe Good Life(Esmonde and Larbey, 1975-1981)A Fine Romance(Bob Larbey, 1981-1984)Ever Decreasing Circles(Esmonde and Larbey, 1984-1989)As Time Goes By(Bob Larbey, 1992-2005)のそれぞれのシリーズ1を紹介して来た。


 先ずRichard Briers主演の作品から以下に軽くおさらい。


***************************************

 The Good LifeはJohn Esmondeとの作品。以前レビューしたように、元々は既にコミック俳優として売り出されていたRichard Briersのために書かれ、プロデューサーのJohn Howard DaviesがPaul Eddington、そしてAlan Ayckbournの舞台The Norman ConquestsからFelicity KendalとPenelope Keithの二人を抜擢。結果的に当初のもくろみ通りRichard Briersの人気を不動のものとしただけでなく、4人全員の代表作となり、Richard Briers以外の3人もこの作品終了後にFelicity KendalがSolo、Penelope KeithがTo the Manor Born、そしてPaul EddingtonがYes Minister/Yes Prime Ministerにそれぞれ主演することになる。

 2004年に行われたイギリスのシチュエーション・コメディーの人気投票(Britain's Best Sitcom)では9位にランクイン。Bob Larbeyの作品としてイギリスでは最も人気・知名度の高い作品か。


Good Neighbours Season 1
(左からMargo Leadbetter役のPenelope Keith、Tom Good役のRichard Briers、Jerry Leadbetter役のPaul Eddington、Barbara Good役のFelicity Kendal)


 時間があれば、またThe Good LifeのSeason 2以後の作品もレビューしたいもの。


***************************************

 Richard BriersをMichael Gambonと組ませたのがThe Other One(Esmonde and Larbey, 1977-1979)。The Good Lifeに比べると当時から人気は今ひとつだったらしく、現在では知る人ぞ知るといった作品になっている。が、名優二人とEsmonde and Larbeyコンビの脚本による作品が面白くない訳もなく、ハマる人はハマるはず。


The Other One
(左からBrian Bryant役のMichael GambonとRalph Tanner役のRichard Briers)


***************************************

 Richard Briersを主役に起用して再び大当たりしたのがEver Decreasing Circles。当初はタイトルが決まらず、Ever Decreasing Circlesというタイトルも最初はあまり評判が良くなかったらしいが、まぁ、よくこんなタイトルを思いついたものである。

 Richard Briers演じる主人公のMartin Bryceは、人は好いが何でも仕切りたがる仕切り屋。妻のAnnや親友のHoward/Hilda夫妻を始め近隣の住人とも関係は概ね良好。そこへ、見た目も学歴も、そしてやることなすこと全ての面でMartinの上を行くPaul Rymanが隣に引っ越して来たことから、ことあるごとにPaulに対抗意識を燃やし、Paulが活躍するたびに嫉妬にかられ、自分の主張ややり方を無理に押し通そうとするたびにAnnを含め周囲との溝を深めて孤立してしまうという、まさにEver Decreasing Circlesの悪循環へと陥って行く主人公が何とも哀れ。一歩間違えばコメディどころか悲劇、ダークな作品、不快な作品となり兼ねないところを絶妙なバランスを保ってコメディ作品として成立させた名作。2004年のBritain's Best Sitcomでは52位にランクイン。


Ever Decreasing Circles
(左からMartin Bryce役のRichard Briers、Paul Ryman役のPeter EganとAnn Bryce役のPenelope Wilton)


***************************************

 A Fine Romanceは、未婚の姉を心配する妹が夫の友人の男性を家でのパーティーで引き合わせたことから始まるアラフォー男女を中心に繰り広げられる大人のラブコメ。Bob Larbeyが単独で脚本を担当し、Judi DenchとMichael Williams夫妻が主役を務めた。2004年のBritain's Best Sitcomでは56位にランクイン。


A Fine Romance
(前列左からLaura役のJudi DenchとHelen役のSusan Penhaligon、後列左からMike役のMichael WilliamsとPhil役のRichard Warwick)


***************************************

 90年代に入ってからもEsmonde and Larbeyまたは単独でBob Larbeyとして多くのシチュエーション・コメディやコメディ・ドラマの脚本に携わった。

 この時期にBob Larbey単独で一部脚本を担当したヒット作として、Larkin一家を描いたH. E. Bates原作のコメディ・ドラマThe Darling Buds of Mayがある。ちなみにThe Darling Buds of Mayの原作は1959年のアメリカ映画The Mating Gameの原作でもあるらしいが、そちらはまだ見ていない。


Darling Buds of May
(左からMa Larkin役のPam Ferris、Pop Larkin役のDavid JasonとMariette役のCatherine Zeta-Jones)


 この作品はいずれレビューすることがあるだろうか。

 Catherine Zeta-Jonesの出世作としても知られた作品。残念ながらその後ハリウッドに進出してしまう訳だが。

 彼女以外の出演者も日本のミステリ・コメディ作品ではお馴染みの顔が。主役のPop Larkin役をOnly Fools and HorsesのDel Boyまたはフロスト警部シリーズのDI Jack Frost役で知られるDavid Jasonが、奥さんのMa Larkin役をRosemary & ThymeシリーズのLaura Thyme役で知られるPam Ferrisが演じている。


***************************************

 80年代後半から90年代前半にはEsmonde and LarbeyのコンビでKarl Howmanを主役にBrush Strokes、そしてMulberryの脚本を担当。後者はシリーズ2まで制作・放送されシリーズ3も計画されたが、残念ながら視聴率の関係からか、制作開始直前でキャンセルされたとか。死神を取り上げた異色作だっただけに残念。


Mulberry.jpg
(左からBert役のTony Selby、Miss Farnaby役のGeraldine McEwanとMulberry役のKarl Howman)


 以下の動画で、Roy ClarkeがKeeping Up Appearancesが終了した理由を、そしてBob LarbeyがThe Good Lifeが終了した理由とMulberryの制作されることのなかったエンディングについて語っている。





 Karl Howmanの日本での人気・知名度にやや不安があるが、Miss Marple役を演じたことでも知られるGeraldine McEwanも出演しているので、いずれこの作品はレビューすることがあるかも。


***************************************


 そして本題のAs Time Goes By。これは以前レビューしたようにBob Larbey単独で脚本を担当。Bob Larbey脚本の作品では上記で紹介したようにRichard BriersやKarl Howmanらが複数回主演を勤めているが、このAs Time Goes ByではA Fine Romanceに続いてJudi DenchがGeoffrey Palmerと共に主役を務めた。2004年のBritain's Best Sitcomでは29位にランクイン。


As Time Goes By S02
(左からJean Pargetter役のJudi DenchとLionel Hardcastle役のGeoffrey Palmer)


 As Time Goes ByのSeries 2は1993年から放送され、下記の7エピソードからなる。

 S02E01: White Hunter
 S02E02: A Weekend Away
 S02E03: Visiting Rocky
 S02E04: Why?
 S02E05: Misunderstandings
 S02E06: The Cruise
 S02E07: The Book Signing


 レギュラー出演者はSeries 1から変わらず下記の通り。

Judi Dench (Jean Pargetter)
Geoffrey Palmer (Lionel Hardcastle)
Moira Brooker (Judith Hanson)
Philip Bretherton (Alistair Deacon)
Jenny Funnell (Sandy)


As Time Goes By
(前列左からLionel Hardcastle役のGeoffrey Palmer、Jean Pargetter役のJudi DenchとSandy役のJenny Funnell、後列左からAlistair Deacon役のPhilip BrethertonとJudith Hanson役のMoira Brooker)


 番組の内容紹介は以前のレビュー記事に譲るとして、以下はそれほどネタバレにならない程度の第一話のあらすじ。

 < - 自伝"My Life in Kenya"の原稿が完成し、本の表紙を著者本人の写真で飾るとの出版社社長Alistairの一言で、試しに自動の証明写真撮影機で自らの写真を撮ろうと悪戦苦闘するLionel。一方、Lionelの顔写真では本の表紙に不向きではないかと心配するJean。そこでLionelの自伝販売促進のためにAlistairが用意した特別なアイディアとは - >


 As Time Goes Byは以前であればYouTubeでも多くのエピソードを視聴することが出来たが、最近ではYouTubeも大分基準が厳しくなったのか多くの動画が既に削除されてしまったようで、今日紹介する一話もYouTubeでは見つけることが出来なかった。


 以下では更なるネタバレあり。


***************************************

As Time Goes By E01 01
(左からJean Pargetter役のJudi DenchとLionel Hardcastle役のGeoffrey Palmer)

Jean: You never did tell me why you had those ridiculous photographs taken.
Lionel: I didn't intend them to be ridiculous. It was curiosity, really. I just wanted to see what I look like.
Jean: Most people use a mirror.
Lionel: No, how I photograph.
Jean: Are you thinking of becoming a model?
Lionel: It's the book. Alistair, the boy publisher has decided he wants me on the cover.
Jean: YOU?
Lionel: THANK YOU.

***************************************

As Time Goes By E01 02
(左からAlistair Deacon役のPhilip BrethertonとJean Pargetter役のJudi Dench)

Alistair: What's the PROB?
Jean: Ah, the PROB is Lionel. He's worried about the book.
Judith: Is it going to sell or not?
Alistair: I'm publishing it.
Judith: Yes, but is it going to sell or not?
Alistair: Within reason. Oh, look, I can't make the public buy it. But, er, bit of hype, er pick-me-up-and-buy-me cover, and who knows?
Jean: This pick-me-up-and-buy-me cover, it's a photograph of Lionel, isn't it?
Alistair: Of course! "My Life in Kenya." He's the main man.
Jean: Does Lionel's face say "pick me up and buy me?"
Alistair: Well, we'll just have to improve it, somehow.

***************************************

Alistair: So what do you reckon, mate?
Lionel: What is it?
Alistair: What is it? It's KENYA!!
Lionel: It doesn't look anything like Kenya. It looks like a separate Tarzan film.
Alistair: Mate, mate, space in your head. This is what most people want Kenya to look like.
Lionel: Well, they must be idiots!!
Alistair: Well, don't put them down. They are your potential readers.
Lionel: How very encouraging!!

 確かに、鬱蒼と生い茂るジャングルのような背景を前に何故か横たわっているのはトラだし・・・。

Lionel: I will not wear the hat.
Alistair: Why?
Lionel: I was a coffee planter, not a white hunter.
Lee: Rifle.
Alistair: Oh, that is superb!!
Lionel: And I am most certainly not holding a rifle.
Alistair: Come on, mate. You must have shot things.
Lionel: I grew coffee!!
Alistair: With the greatest respect, Li, coffee does not sell books.
Lionel: But rifles and silly hats do?
Alistair: Well, at least the hat's authentic.
Lionel: It says "made in Taiwan!!"
Alistair: It's about to be authentic then, isn't it? Hahaha... Look, what does the cover have to say?
Lionel: "Pick me up and buy me..."
Alistair: Right. A hint of danger says that. A hint of adventure says that. A hint of sex says that.
Lionel: What hint of sex?

As Time Goes By E01 03
(左からLionel Hardcastle役のGeoffrey Palmer、Patty役のCherri Gilham、Lee役のJane Robbins、Oz役のAndrew BarclayとAlistair Deacon役のPhilip Bretherton)

Jean: Who's she?
Alistair: "Pick-me-up-and-buy-me." Danger, adventure, sex. She's the sex.
Jean: She looks like all three if you ask me.

 本当にこんな女性を相手にしていたら私ならとても身も心ももたないだろう。ついでに経済的にもとてももちそうにもない。まぁ、幸か不幸かどうせこんな女性には一生縁がないが。
 Alistairにしてみれば、トラやライフル銃がdanger、ジャングルが adventure、彼女がsexをそれぞれ表すものだったんだろうが、そう考えると確かに彼女だけでJeanの言うように三要素全てを体現しているような。

***************************************


 以下はYoutubeで見つけた映像。この中でBob Larbeyは主演にJudi Denchが選ばれたいきさつと彼女の魅力について語っているが、Judi DenchもまたBob Larbeyの脚本作品の魅力について言及している。このAs Time Goes Byという作品を含めBob Larbeyが脚本を書いた作品の魅力はここで聞ける彼女の言葉に全て集約されていると思う。つまり、一部の例外を除くと、Bob Larbey作品の面白さは、あり得ないキャラやあり得ない設定からではなくvery believable charactersのvery believable situationsにおける言動から生まれるものなのである。

 その辺が先日までレビューしていた'Allo 'Allo!などとは大違いで、上記引用を文字情報として読んでみても特に面白くもない。が、番組を見ながらvery believable situationsでvery believable charactersがこれらのセリフを発するととんでもなく面白いのである。どちらかと言うとドラマ要素が強いシチュエーション・コメディを好む私がBob Larbey作品に惹かれた理由もきっとこの辺りにあるのだろう。





 あと数日は追悼の意を込めてこんな調子でAs Time Goes Byのシリーズ2のエピソードを紹介する予定。最後になるが、Bob Larbeyは実に楽しく且つ魅力的な作品を数多く残してくれた。謹んでご冥福を。


出演:
Judi Dench (Jean Pargetter)
Geoffrey Palmer (Lionel Hardcastle)
Moira Brooker (Judith Hanson)
Philip Bretherton (Alistair Deacon)
Jenny Funnell (Sandy)
Andrew Barclay (Oz)
Jane Robbins (Lee)
Cherri Gilham (Patty)
Nigel Fan (Chinese Restaurant Waiter)
Jonathan Copestake (Man in Photo Booth)
Kwong Loke (Chinese Tourist)



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。