スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

That's Livin' Alright (1984) - Joe Fagin

 今日主に紹介するのはJoe FaginのThat's Livin' Alright。ネット上で検索したり調べてみたりしたが、アーティスト名の日本語読み、それに邦題タイトルはよく分からなかった。変な読み方をしているのは幾つか見つけたが。当時の記憶でも、今回視聴した動画でも、アーティスト名の発音は「ジョー・ファイガン」に近いと思うが、ネット上では同じ(近い)発音の名前の英サッカー選手だったり、同姓同名のようでありながら日本語読みが違うアメリカの野球選手しか出て来なかった。曲はNow That's What I Call Music IIに収録された13曲目でB面6曲目。


 ちなみにNow That's What I Call Music IIの12曲目でB面5曲目はJulia & CompanyのBreakin' Down (Sugar Samba)。こんな曲。





 PVが見つからなかったので上の動画にしたが、これまで一度も聴いたことのない曲。しかし、かなり良い感じ。これは当時聴いておきたかったかも。ただ、特に個人的な思い出とリンクするものでもないので、例によってこの曲の紹介はこれくらいで軽くスルー。


 さて、今日の本題のJoe FaginのThat's Livin' Alrightだが、この曲は当時イギリスでリアルタイムで聴いた。が、Joe Faginによるその他の楽曲については殆ど知らず。唯一の例外が、近く再びレビューする予定だが、シチュエーション・コメディAs Times Goes Byの主題歌。

 これまで知らなかったが、どうやらこのThat's Livin' Alrightという曲はコメディ・ドラマAuf Wiedersehen, Petのテーマ・ソングだったらしい。このドラマの方はさすがにリアル・タイムでは見ておらず、その存在を知ったのも放送開始から20年以上経っていた頃。そう言われてみると確かに歌詞にもありますな、このフレーズ。


 画像はネット上より拝借。


Thats Livin Alright


 日本語で検索してもこの曲またはこの番組について殆ど出て来ないが、日本ではそれほど当たらなかったのだろう。確かにドラマのテーマ・ソングというのは、一般にドラマの方を見ていなければピンと来ないものなのかもしれない。

 ちなみに上のドラマの脚本にはシチュエーション・コメディの傑作Porridgeの脚本で知られるDick ClementとIan La Frenaisのコンビも参加している。ドラマの出演者で日本で良く知られた名前では、上の写真の後列左にInspector Morse(モース警部)シリーズのDetective Sergeant Lewis(ルイス)役で知られるKevin Whatelyの顔が見える。まだ若い!





 < Working in the sun
  Drinking Schnapps having fun
  That's livin' alright
  That's livin' alright

  Then a night in the town
  Spreadin' it around
  That's livin' alright
  That's livin' alright

  Working all day
  For a packet of pay
  And send a little back to the wife

  Still you keep a little here
  Just to keep you in beer
  That's livin alright

  Yeah you play the game
  Then it's Auf Wiedersehen
  That's livin alright >


 そうそう、確かにこんなオッサンだった。でも今の私とあまり歳は変わらないかも。私もすっかりオッサンになったもんだ。

 メロディーも単調だが、歌詞の内容も、当時は考えたこともなかったが、こうしてみると、ひねりも誇張もほのめかしもなく、もうそのまんま。

 当時からそれほど気に入った曲でもなかったが、こうして何年も経ってから当時知らなかった背景等を考え合わせながら聴くと、長いこと寝かせていたワインではないが、何とも言えない味が感じられるようになっていた。月日の経過というのは時に何とも不思議なものである。



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
***************************************

個人的なメモ・備忘録・独り言

 高倉健に続いて菅原文太まで亡くなったか。もう日本のテレビ番組を見なくなって久しいが、それぞれ幾つか出演した映画やドラマは見たことがあった。菅原文太で一番憶えているのは朝日ソーラーのCMだが、武田信玄での家臣板垣役も憶えている。井上ひさしの講演でも名前を聞いたっけ。日本のかつての映画スターも続々亡くなって年末を前に月日の経過を感じて寂しい思いをしている人も多いんだろう。

 プレミアでの監督の辞任・解任の噂にばかり注目していたが、香川が移籍したドルトムントのクロップもそろそろチラホラと名前が出るようになったようで。まぁ、ブンデスで最下位ではしょうがないだろう。取り敢えず今年のチャンピオンズ・リーグの決勝トーナメント進出は既に決めているが、awayとは言え今の不調で手負いのArsenalに内容でも負けていてはチャンピオンズ・リーグでも今後はそれほど期待できないだろうから、そういう話も出て来るだろう。その前に一月の移籍市場で補強して、という意見もあるようだが、ドルトムントはそれほど財力があるとも思えないので、寧ろ選手の流出の方を心配した方が現実的かも。

***************************************
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。