スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マシュー・ワイルダー「想い出のステップ」: Break My Stride (1984) - Matthew Wilder

 今日取り上げるのはMatthew Wilder(マシュー・ワイルダー)のBreak My Stride(邦題「想い出のステップ」)。邦題タイトルは今回初めて知った。まぁ、つけた人の気持ちは分かる。Now That's What I Call Music IIに収録された11曲目でB面4曲目。

 この曲は当時イギリスでリアルタイムで聴いた。が、Matthew Wilderによるその他の楽曲については全く知らず。今、Wikipedia等を見ても、幾つかの小ヒットはあったかもしれないが本人名義のソロではこの曲のみで記憶されている、一般的にはやや一発屋的な印象の人なんだろうか。


 画像はネット上より拝借。


Break My Stride


 PVっぽい映像をYoutubeで探してみたが、それらしいものはどうも日本では視聴不可のようで、代わりにそれらしいものを埋め込んでみた。バージョン違いなのか、非常にうまく出来ていて感心するが、どうやら元々別々の映像と音声をミックスしている様子。1984年当時、間違いなくこの曲でTop of the Pops(TOTP)に出演していたと記憶しているのだが、残念ながらその映像は見つからなかった。





 < Never let another girl like you, work me over
  Never let another girl like you, drag me under
  If I meet another girl like you, I will tell her
  Never want another girl like you, have to say
  Ooooooh

  Ain't nothin' gonna break my stride
  I'm running and I won't touch ground
  Oh-no, I got to keep on moving
  Ain't nothin' gonna break my stride
  Nobody's gonna slow me down
  Oh-no, oh-no, I got to keep on moving >


 一般に一発屋の曲に多いのかもしれないが、非常にキャッチーで当時から聴いてすぐ耳に残った曲。今聴いてもやっぱり取っ付きやすくてとても良い曲だと思う。歌詞は笑ってしまうような内容のものだが、曲のノリもちゃんと歌詞に合ったものになっている。

 それにしても、ダンスのことは音楽以上に分からないが、昨日のTracey Ullmanといい、80年代のダンス・振り付けというのも、今ほど洗練されていないがそれはそれで味があって中々良い感じ。

 この動画は元々映像と音声が合っていないようだが、元々の映像も何らかのテレビ番組のために今でいえばエア演奏したものだろう。が、それにしてもこのバンド編成でMatthew Wilder本人を含めキーボード奏者が3人とは、いくら曲のアレンジがアレンジだと言ってもちょっとバランスの悪そうな感じで。


 この曲は今でもたまに耳にするので、恐らくテレビやラジオでもかかっているのだろう。この曲をまだ聴いたことのない人がそういるとは思えないが、この曲も1984年を代表する曲の一つだと思うので(そう言ってしまうと、Now That's What I Call Music IIに収録されている曲が全部そうなってしまうが)、この機会に是非ご再聴を。



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
***************************************

個人的なメモ・備忘録・独り言

 東京多摩市での連続放火事件で容疑者が捕まったとか。取り敢えず良かった。ところで、あくまで相対的にではあるが、放火に対する罰則が軽いような気も。場合によっては死者も出る可能性が高いことを考え合わせれば、他の犯罪への罰則と同様にもう少し厳罰化しても良いと思う。

 先月神奈川県茅ケ崎市の副市長がサーフィン中に死亡した事故で、当初サーフィン経験者とされた副市長が初心者も初心者で未経験者だったとか。市長と副市長が揃って同じ催しに参加している時点で何ともたるんでいるというのか緊張感がない気がしていたが、こうなるとやはり観光気分で遊びに行っていたと言われても文句は言えないでしょうな。死者が出ているので自ずと追求の手は緩まりそうだが、やはり行政のトップ二人が揃って休みを取って同じ催し物に参加するのはマズイだろう。死者に鞭打つようだが、そもそも何のための副市長というポジションなんだか。

 Jリーグの動向はプレミアと違って追っていないが、そろそろ優勝争い、そして昇格・降格の悲喜こもごもがニュースになる時期になったようで。

 プレミアの方では今週ManCとSouthamptonの注目の2位・3位対決があるが、ManU、Arsenal、Liverpoolといった強豪が勝ちを収める中、首位チェルシーが引き分けたことで、少しは優勝争いの盛り上がりという点で今後楽しみな展開に。SpursとEvertonの一戦も楽しみ。

 ところで、先日LiverpoolのStokeとの一戦でGerrardが先発を外れたとか。同い年でChelseaを象徴する選手の一人であったあのLampardが今ではCityの一員としてプレーしていることを考えれば驚くには当たらないのかもしれないが、これまでLiverpool一筋でLampard以上に一つのチームを象徴する存在だったGerrardが先発を外れたとすると、まだまだ出来る選手だけにいよいよ「今季限り」という声も現実味を帯びて来そう。今季はCityのPellegrini、ArsenalのWenger、LiverpoolのRodgers、SpursのPochettinoと、強豪チームの監督のうち誰が一番早くクビになるかについつい目が行っていたが、意外にRodgersより先にGerrardがチームを去ったりして。そうなったらなったで、Liverpoolファンではないが、ちょっと寂しいような気も。

***************************************
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。