スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Fallen Madonna (1984) - 'Allo 'Allo! Series 1 Episode 2

 先日に引き続いてのSam Kellyの追悼特集で今日紹介するのは'Allo 'Allo!のシリーズ1の第2話。

Allo Allo DVD S1-2
(左からRené Artois役のGorden KayeとEdith Artois役のCarmen Silvera)


 以下はそれほどネタバレにならない程度の第二話のあらすじ。あらすじを書いてみて改めて思ったが、あらすじはあってないような作品である。元々ドタバタ劇なので当然といえば当然ではあるが。

 < - 前エピソードで二人のイギリス空軍兵を一時的に匿うことになり、またフランス人の偽造者(forger)を抱えることになったRenéらカフェの面々。一方でドイツ軍のColonel Kurt von Strohmらに半ば強要されて略奪品の絵画を隠匿する。その後の展開から絵画の贋作の製作を模索するが、お抱えのフランス人偽造者には難しいため、イギリスで絵画の贋作を製作するために、急遽発つことになったイギリス空軍兵二人にドイツ軍の軍服を着せて絵画を託すが - >


 今日紹介しているこのシリーズ1の第二話はYoutubeでも視聴することができる。一応以下に埋め込み。





 相変わらず何故かアスペクト比がおかしいのか映像が枠内に収まりきっていない。

***************************************

Allo Allo E02 00
(左からRené Artois役のGorden KayeとYvette Carte-Blanche役のVicki Michelle)

Yvette: René, my love!!
René: Yvette, my flower!!
René & Yvette [both together while embracing one another]: Oh.
Yvette: You are the most exciting man I have ever known. Let me kiss you. Let me hold you tight.
René: No, no, my cabbage, no. [Indicating a block of concrete] It is getting hard and I must get it in immediately.

 この辺がこの作品の下品でおバカなところですな。脚本家コンビが同じだからある意味当然だが、以前に紹介したAre You Being Served?に通じるものがある。

***************************************

Allo Allo E02 01
(左からEdith Artois役のCarmen SilveraとRené Artois役のGorden Kaye)

Michelle Dubois: ...But they (the Germans) are ruthless men. They may even take your wife and torture her in front of you.
Edith Artois: Oh, René!!
René Artois: Do not worry. I will tell them nothing.

***************************************

Colonel Kurt von Strohm: The last thing in the world we want is for you to suffer at the hands of the Gestapo.
René: And you are most considerate, Colonel...
Colonel Kurt von Strohm: So I am going to give you this ring.
[handing René a ring for committing suicide on a desperate occasion]
Colonel Kurt von Strohm: Inside is a pill. Crush it between your teeth...
Captain Hans Geering: ...and then in one and a half seconds, you shall be like a dead beetle.

Allo Allo E02 02
(左からCaptain Hans Geering役のSam KellyとRené Artois役のGorden Kaye)

René: [Sarcastically] I don't think I shall ever forget your kindness, Colonel...
Captain Hans Geering: Perhaps, René would like to give his wife one.
René: Even a Frenchman cannot think of that sort of thing at a time like this.

***************************************


 第一話に続いて安定してエロネタの多い少々下品でおバカな一話。この手のノリが好きな人なら、このシリーズはそれほどエピソードに当たり外れなく安心して楽しめると思う。


出演:
Gorden Kaye (René Artois)
Francesca Gonshaw (Maria Recamier)
Vicki Michelle (Yvette Carte-Blanche)
Carmen Silvera (Edith Artois)
Jack Haig (Roger Leclerc)
Guy Siner (Lieutenant Hubert Gruber)
Kirsten Cooke (Michelle Dubois)
Richard Marner (Colonel Kurt von Strohm)
Sam Kelly (Captain Hans Geering)
Kim Hartman (Private Helga Geerhart)
Richard Gibson (Herr Otto Flick)
Rose Hill (Madame Fanny)
John D. Collins (Flying Officer Fairfax)
Nicholas Frankau (Flying Officer Carstairs)



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
***************************************

個人的なメモ・備忘録・独り言

 またエボラ感染の疑いのある人がいるんだとか。ここまでの報道では、発熱後に医師の診断を受ける際にリベリア帰りを申告していなかったとか。これが本当だったらとんでもない話ですな。厚生省がリベリア行きを把握していたというのは本人からの連絡によるものか、追跡調査が出来ていたのか。後者であれば、万一の場合でもそれほどの拡散はないだろうが、怖いのはやはりこういう性善説に頼った自己申告で申告しない者が帰国(入国)した場合ですな。出国する際のパスポートの検査等で何とかならないもんだろうか。

 とにかくエボラ騒動がなくてもこれからノロやインフルエンザの時期なので、いつも以上に手洗い・うがいを心掛け、無用な外出はなるべく避けて、予防接種がある場合は受けておくのも手だろう。あまり手を洗い過ぎるとすぐ手が荒れてしまうのが個人的に悩みの種だが。

 ちょっと前になるが、小田さんの会報に来年のコンサートの予約受付の情報が入っていた。今年の分は二回応募して二回ともハズレているんだが。くじ運がないと言われればそれまでだが、前回ハズレた人から優先して、という訳には行かないんだろうか。何回も行っているという人の話を聞くと、何か最初から別枠でもあるのかと勘ぐってしまうが。
 しかしこうなって来ると、やはり今年のクリスマスの約束(以下、クリ約)はあったとしても最新アルバムからの曲を中心に2005年や2008年のような小田さんコンサートの延長に近い形になるんだろうか。そうなると小田ファンからの応募が殺到しそうな。クリ約ファンとしてはクリ約は寧ろ普段聞けないカバーやゲストとのコラボの方を期待しているんだが。こちらの番組観覧も一応トライはするが、また厳しいんだろう。よく「心をこめてハガキを書く」とか「練りに練ったコメントで」とか「キーワードがあって」なんて話を見るが、それは否定しないものの、時間がなくて一年前に書いたものと全く同じ内容を書き殴り状態で送ったのが唯一の当選機会だった者にとっては、この説もあまり説得力がない。こちらも綺麗なおね~ちゃん方とは別に、何か別に枠みたいなものがあって、その枠が埋まった後で、その隙間を埋めるメンバーを抽選で選んでいるんだろうと見ているんだが。もちろん、当選するためなら嘘で塗り固めたような内容の感動もの、お涙ちょうだいもののハガキをせっせとこしらえる人もいっぱいいるんだろうけど。まぁ、当選は無理でも小田さんが元気でこれからもクリ約やコンサート活動を頑張って続けてくれればファンとしては一応それなりに満足ではあるが。

***************************************
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。