スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼Roger Lloyd Pack - The Arrival (1994) - The Vicar of Dibley Series 1 Episode 1

 今日から数日間続くであろう記事はRoger Lloyd Packの追悼特集。Roger Lloyd Packの訃報を伝える記事はコチラ

 実際に亡くなったのは年が明けてすぐの時期で、この記事はJohn Fortuneの追悼記事の次に書きかけていたが、仕事等で急に忙しくなって結果的に随分長い間寝かせてしまっていた。見送ることも考えたが、スルーするにはあまりにも大きな存在の俳優さんだったので、大分遅ればせながらここで追悼を。

 日本でRoger Lloyd Packの名前を知っている人はどれくらいいるんだろう。メジャーな作品だとハリーポッター作品のHarry Potter and the Goblet of Fire(邦題「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」)でのBartemius Crouch役、また、ポワロ作品のThe Mystery of the Blue Train(邦題「青列車の秘密」)でInspector Caux(コウ警視)役で出演していた俳優さん。


Roger Lloyd Pack Harry Potter Goblet
(Bartemius Crouch役を演じるRoger Lloyd Pack。Harry Potter and the Goblet of Fireより)


 上記以外ではDalziel & PascoeのSins of the FathersでBishop Halliwellを演じていた。このブログで既に紹介済みの作品では、Inspector Morse(モース警部)シリーズのThe Silent World of Nicholas Quinn(邦題「ニコラス・クインの静かな世界」)にてDonald Martin役で出演。Youtubeではコチラ


Morse Donald Martin
(左からDonald Martin役のRoger Lloyd-PackとChief Inspector Morse役のJohn Thaw)


Roger Lloyd-Pack Morse Silent World
(左からMonica Height役のBarbara Flynn、Mrs Bartlett役のElspet Gray、Dean of Lonsdale College役のFrederick Treves、Dr Bartlett役のClive Swift、そしてDonald Martin役のRoger Lloyd-Pack)


 しかしRoger Lloyd Packと言えば、やはり英国コメディファンにはOnly Fools and HorsesでのTrigger役、そしてThe Vicar of DibleyでのOwen Newitt役が印象深い俳優さんだろう。私がよく引用する2004年に行われたイギリスのシチュエーション・コメディの人気投票(Britain's Best Sitcom)では、後者は3位、前者は見事にトップと、いずれも英国sitcomを代表する作品である。

 Triggerの登場する名シーンは数多いが、私が真っ先に思い浮かべるのが以下のシーン。あのRodneyを何故かDaveと呼ぶTrigger。これは恐らくTriggerがRodneyのことをRodneyと呼ぶ数少ない(唯一の?)シーンである。





 さて、前置きが大分長くなったが、ようやく今日から紹介するThe Vicar of Dibleyの説明へ。

 The Vicar of Dibleyは1994年からスペシャルを含めて2007年まで放送された。脚本はRichard Curtis。下のDVDのカバーにあるように今ではFour Weddings and a FuneralやNotting Hillの脚本家として有名だが、当時はむしろまだRowan Atkinsonと組んでのNot the Nine O'Clock NewsやBlackadderのライターとして知られていた。

 Wikipediaによると、Church of England(英国国教会)でも1992年の改正を受けて女性でも聖職者になれるようになったことが背景にあるらしい。古い伝統が色濃く残る地方の小村に派遣された初めての女性牧師に当初はとまどいつつも次第に受け入れて行く村民の姿がユーモラスに描かれる。


The Vicar of Dibley S1
(上はGeraldine Granger役のDawn French、そして下は左からLetitia Cropley役のLiz Smith、Jim Trott役のTrevor Peacock、Frank Pickle役のJohn Bluthal、Alice Tinker役のEmma Chambers、Hugo Horton役のJames Fleet、Owen Newitt役のRoger Lloyd PackとDavid Horton役のGary Waldhorn)


 美しい田園風景を背景に流れるテーマソングがこれまた美しく、冒頭からそれまでのsitcomとは一線を画した感があった。詩はPsalm 23からだそうで、ネイティブのクリスチャンなら諳んじているものかも。





 < The Lord is my shepherd; I shall not want.
  He maketh me to lie down in green pastures: he leadeth me beside the still waters.
  He restoreth my soul: he leadeth me in the paths of righteousness for his name's sake.
  Yea, though I walk through the valley of the shadow of death, I will fear no evil: for thou art with me; thy rod and thy staff they comfort me.
  Thou preparest a table before me in the presence of mine enemies: thou anointest my head with oil; my cup runneth over.
  Surely goodness and mercy shall follow me all the days of my life: and I will dwell in the house of the Lord for ever. >


 以下はそれほどネタバレにならない程度の第一話のあらすじ。

 < - 年老いたPottle牧師が亡くなったOxfordshireの小村Dibleyでは、少数の信者が後任の牧師が来るのを首を長くして待っていた。が、そこに現れたのは髭を生やし聖書を持った息の臭い男といった典型的な牧師ではなく、ボブカットで巨乳の女性牧師Geraldine。あまりに予想外の展開に呆気にとられ、女性牧師を受け入れるのに抵抗を示す村民達だったが - >


 三人の村民によって展開される、変わらないもの・変わりゆくものについてのアホで低俗な深遠且つ高尚な議論が何ともたまらない。

The Vicar of Dibley S1 E1 Good Changes Bad Changes
(左からJim Trott役のTrevor Peacock、Letitia Cropley役のLiz Smith、そしてOwen Newitt役のRoger Lloyd Pack)

Owen Newitt: Well, it can't be right, can it really?
Jim Trott: What's that?
Owen Newitt: Having a woman vicar. I mean, Jesus didn't have women disciples, did he?
Letitia Cropley: No. But things have to change, don't they?
Jim Trott: That's right. I mean, look at traffic lights.
Owen Newitt: What about them?
Jim Trott: Well, if they didn't change, there'd be terrible congestion, wouldn't there?
Owen Newitt: On the other hand, there's gravity.
Jim Trott: What about it?
Owen Newitt: If gravity changed, we'd all go floating up into space.
Letitia Cropley: Hahaha...
Owen Newitt: And no one wants that.
Jim Trott: So there's good change and bad change.
Letitia Cropley: That's right. I mean, there's a changing of the guards, isn't there?
Jim Trott: Oh, wonderful!
Owen Newitt: And there's prawn flavoured crisps.
Jim Trott: Disaster!!


 このエピソードは以前はYoutubeでも見ることが出来たように記憶しているが、残念ながら既に削除されてしまったようで。以下はこのシリーズ恒例の番組のエンドロール後の二人の小話ネタ。数あるネタの中でも特に私のお気に入りの一つThe Blindman Joke。





 最後になるが、上に挙げた幾つかの例だけでも分かるように、Roger Lloyd Packはシリアスな役からとぼけたアホな役まで正に何でもこなせる役者さんだった。ホントに残念でならない。謹んでご冥福をお祈りしたい。

 R.I.P Roger Lloyd Pack.


出演:
Dawn French (Geraldine Granger)
Gary Waldhorn (David Horton)
James Fleet (Hugo Horton)
Emma Chambers (Alice Tinker)
Liz Smith (Letitia Cropley)
John Bluthal (Frank Pickle)
Trevor Peacock (Jim Trott)
Roger Lloyd Pack (Owen Newitt)
Preston Lockwood (Vicar Pottle)



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。