スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルース・レンデルミステリー「友は永遠に」: Ruth Rendell Mysteries, Series 04 Episodes 04-06, The Best Man to Die (1990) - based on the novel by Ruth Rendell, starring George Baker

 今日紹介するのはRuth Rendell(ルース・レンデル)原作のChief Inspector Wexford(ウェクスフォード警部)シリーズのThe Best Man to Die(邦題「死を望まれた男」または「友は永遠に」)のテレビドラマ化作品。原作はウェクスフォード警部シリーズの四作目であるが、テレビドラマ版の方は1990年にThe Ruth Rendell Mysteriesの第四シリーズの第4-6話として制作・放送。

 この作品は以前youtubeで視聴可能だったが、現在ではどうなのだろうか。ちょっと探してみたが見つからなかった。


A New Lease of Death
(左からDetective Chief Inspector Reg Wexford役のGeorge BakerとDetective Inspector Mike Burden役のChristopher Ravenscroft)


 内容は後半になるにつれて脚色がやや多くなって来た感もあったが基本的に原作に忠実。

 前回のWolf to the Slaughter(邦題「運命のチェスボード」)のテレビドラマ化作品の紹介記事でも書いたが、原作が長編の作品が多いシリーズの中では、このChief Inspector Wexford(ウェクスフォード警部)のテレビドラマシリーズは原作への忠実度という観点ではかなりポイントが高い。ただ、これも前回同様、原作にないDet. Chief Insp. Reg WexfordやDet. Insp. Mike Burdenのそれぞれの家庭環境の様子等もドラマ化されているため、良くも悪くもミステリドラマとしてはちょっと長い。

 以下、出来るだけ避けたつもりだが、多少ネタバレの可能性あり。


***************************************

 < (Woken by a whimpering dog, Clytemnestra) Oh, my God... Sheila!! >

The Best Man to Die 01
(左からDetective Chief Inspector Reg Wexford役のGeorge BakerとイヌのClytemnestra)

 最悪の目覚め。いくらなんでもこれはウェクスフォードが可哀想。


 < Clytemnestra! Cly... Dog! Dog! Dog! >

The Best Man to Die 02

 散歩に出て犬の名前を呼ぶウェクスフォード。だが途中から犬の名前を呼ばずに(呼べずに)dog!と叫んでいるのが笑える。日本語だったら「ワンちゃん」くらいのものか。もっともウェクスフォードのキャラだったら「イヌ公」とかそのまんま「イヌ!」とか呼んでそう。まぁ、確かにClytemnestraなんて英語でも舌を噛みそうだが。


***************************************

 < You don't understand, do you? My daughter wasn't with us. She wasn't in the car! >

The Best Man to Die 03
(Mrs. Fanshawe役のBarbara Leigh-Hunt)

***************************************

 < Still haven't told Dora, have you? >

The Best Man to Die 04
(左からDetective Chief Inspector Reg Wexford役のGeorge BakerとDr. Crane役のJohn Vine)

***************************************

 < ... and which is why you're here, to find out who the mysterious young lady was, the one you thought was me. >

The Best Man to Die 10
(Nora Fanshawe役のJulia Ormond)

 原作以上に綺麗で自信家で仕切り屋といった印象。

***************************************


 あまりネタバレしない程度で、特に気づいた原作との主な相違点を箇条書き。

 ・謎の若い女性の遺体は焼けていない。
 ・いつも以上に(?)WexfordとBurdenの両方の家庭の事情が描かれる。
 ・Vigoは歯科医ではなく整形外科医。よってCharlie HattonもSheilaも整形を目的に彼の元を訪れている。
 ・Charlie Hattonの仕事はEmergency Serviceで、トラック運転手ではない。


***************************************

 < To be frank, well, he (Charlie Hatton) struck me as a distinctly shady character. >

The Best Man to Die 09
(左からDetective Chief Inspector Reg Wexford役のGeorge BakerとJolyon Vigo役のStephen Boxer)

***************************************

 < Been seeing much of McCloy lately, Charlie? >

The Best Man to Die 06
(左からGeorge Carter役のJohn Bleasdale、Charlie Hatton役のRichard GrahamとMaurice Cullam役のTony Haygarth)

 このCharlie Hatton役を演じたRichard GrahamはKavanagh QCだったか他のドラマ作品でもこういったいかにも嫌な奴といった役を演じていたのが印象に残っている。本来の演技力はもちろんのこと、それだけこういったキャラがはまり役なんだろう。

 やはりこういったドラマでTony Haygarthほどの名優が端役で出演することでイギリスのミステリドラマは真犯人を分かりにくくしてその質を高めていると思う。日本のミステリだと犯人役が出来るレベルの俳優が大抵一人か二人しか出て来ないので、作品そのものを視聴せずとも新聞のテレビ番組欄を見るだけで犯人が誰か分かってしまう。

***************************************

 < Well, you spent a lot of money on this house. How could your husband afford it? >

The Best Man to Die 05
(左からMarilyn Thompson役のTracie Bennett、Lilian Hatton役のSherin TaylorとJack Pertwee役のJonathan Barlow)

***************************************

The Best Man to Die 07
(左からDetective Inspector Mike Burden役のChristopher RavenscroftとDetective Sergeant Martin役のKen Kitson)

 SitcomのLast of the Summer Wineではどこかとぼけたアホなお巡りさん役のKen Kitsonだが、ここで演じているのはどこかとぼけていながらやることはちゃんとやっているDet. Sgt. Martin役。

***************************************

The Best Man to Die 08
(左からSheila Wexford役のDeborah PoplettとDetective Chief Inspector Reg Wexford役のGeorge Baker)

Sheila Wexford: ... Tomorrow...
Det. Chief Insp. Reg Wexford: ... Could be...

 ウェクスフォード父子。こういったところが、良く言えばドラマに幅をもたらしている。悪く言えば原作にはない部分で、ドラマを(余計に?)長引かせている。この辺はこういった部分を単純に好きか嫌いかで評価が分かれるだろう。

***************************************

The Best Man to Die 11
(左からDora Wexford役のLouie Ramsay、Jenny Ireland(Burden)役のDiane KeenとDetective Chief Inspector Reg Wexford役のGeorge Baker)

 で、大団円か。

***************************************

 キャストには全般的に満足。Lilian Hatton役がもう少し美人で派手派手しくても良かったかも。

 女性陣ではNora Fanshawe役のJulia Ormond、Sheila Wexford役のDeborah Poplett、それにJenny Ireland(Burden)役のDiane Keenが良かったが、これは多分に見た目も含めた私の好みのせいかも。

 他にはレギュラー出演陣はもちろんのこと、やはりCharlie Hatton役のRichard GrahamとMaurice Cullam役のTony Haygarthが良かった。Jack Pertwee役のJonathan Barlowも中々。Mrs. Fanshawe役のBarbara Leigh-Huntはミステリドラマ等でたまに見る女優さんだが、こちらも言わずもがな。

 繰り返しになるが、モース警部シリーズやフロスト警部シリーズと比べて、原作が長編である作品のドラマ化作品としては原作に忠実なウェクスフォード警部シリーズのテレビドラマ化作品であるが、本作品もその例外ではなかった。


 原作小説同様に派手さはないが、WexfordとBurdenの両方の家庭の様子を描いたことで、むしろ他のウェクスフォード警部シリーズのテレビドラマ化作品よりも一般の海外ドラマファンには受けが良いかも。まだウェクスフォード警部シリーズをご覧になったことがない方は是非。


出演:
George Baker (Det. Chief Insp. Reg Wexford)
Christopher Ravenscroft (Det. Insp. Mike Burden)
Tony Haygarth (Maurice Cullam)
John Vine (Dr. Crane)
John Burgess (Dr. Crocker)
Clara Salaman (Nurse Rose)
Barbara Leigh-Hunt (Mrs. Fanshawe)
Julia Ormond (Nora Fanshawe)
Ken Kitson (Det. Sgt. Martin)
Louie Ramsay (Dora Wexford)
Deborah Poplett (Sheila Wexford)
Diane Keen (Jenny Ireland)
David Michaels (Policeman)
Nina Marc (Nurse Lewis)
Sherin Taylor (Lilian Hatton)
Jonathan Barlow (Jack Pertwee)
Tracie Bennett (Marilyn Thompson)
John Cater (Mr. Pertwee)
John Bleasdale (George Carter)
Stephen Boxer (Jolyon Vigo)
Paul Kynman (Policeman #1)
Richard Graham (Charlie Hatton)
Noah Huntley (John Burden)
Emma Smith (Pat Burden)
Sara Clee (Mrs. Cullam)
Emma Dewhurst (Mrs. Vigo)
Kate Lansbury (Sister)
Stephen May (Clerk - Car Hire)



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
***************************************

個人的なメモ・備忘録・独り言

 エボラはどこまで広がるのか、どれだけ早く日本に入って来るのか、まるで想像もつきませんな。それに加えて冬も近づいてくるとインフルエンザやノロの心配もあるし、今まで以上に手洗い・うがいをし、外出する際にはマスクをして、帰宅したらすぐシャワーを浴びたいもの。

 プレミアはSouthamptonが強過ぎ。誰がこんな展開を予想したんだろう。最近試合を見ていないので、どんなサッカーをするチームなのかは想像に委ねるしかないが。Gordon Strachanが監督の時代は陰ながら応援していたんだが、それももう10年ほど前になるのか。

***************************************
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。