スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Father Brown Stories, Series 01 Episode 03, The Wrong Shape (2013) - based on the short story by G. K. Chesterton, starring Mark Williams

 今日紹介するのは、先日紹介したG. K. Chesterton(G・K・チェスタトン)原作の短編The Wrong Shape(邦題「狂った形」)のテレビドラマ化作品。このBBC制作によるFather Brown(ブラウン神父)の最新シリーズについてはコチラを参照

 このMark Williams主演のブラウン神父の最新シリーズにおいて、今日紹介するThe Wrong Shapeはシリーズ1の第3話。DVDは既にアマゾン等で購入可。


Father Brown BBC 2013 DVD S1
(左からLady Felicia Montague役のNancy Carroll、Mrs Bridgette McCarthy役のSorcha Cusack、Father Brown役のMark Williams、Inspector Valentine役のHugo Speer、Susie Jasinski役のKasia Koleczek、Sid Carter役のAlex Price)


 さて、このドラマ化作品であるが、相当に脚色有り。最初見て「何、コレ?」と思ってしまった。Quinton夫妻、怪しげなインド人、それに医者役の代わりに弁護士キャラが登場するが、それ以外は脚色だらけ。T字がどうこう、密室がどうこう言うことも全くない。ネタバレし過ぎてもいけないので詳しくは書かないが、The Wrong Shape(邦題「狂った形」)というタイトルにしても、形がヤバいのはナイフじゃなかった。Deformed、ってそんなの有りなのか。というか、この内容では、このテレビドラマ作品に邦題を付ける際には「狂った形」ではマズいかも。

 Martha Quinton役で出演のRuth Gemmell。結構好きな女優さん。久しぶりに見たが、何だか他が皆コミカルだったり軽薄な雰囲気の中で一人シリアスな役でまともに演技していて却って浮いていたような気も。

 原作を読んでいない方が楽しめるかもしれない作品。原作を知らなければそれほど悪くない可能性も否定はできない。原作ほど他の宗教・文化や科学に対する挑発的な雰囲気がなかったのは良かったかもしれない。



出演:
Mark Williams (Father Brown)
Sorcha Cusack (Mrs McCarthy)
Nancy Carroll (Lady Felicia)
Hugo Speer (Inspector Valentine)
Ramon Tikaram (Umesh Varma)
Ruth Gemmell (Martha Quinton)
Robert Cavanah (Leonard Quinton)
Jennie Jacques (Violet Parnassus)
Simon Thorp (Mr Harris)
David Claridge (PC Birtwistle)



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
***************************************

日々の個人的なメモ・備忘録・独り言

 理研の件では最悪の結末を迎えてしまったようで。笹井氏の自殺に関しては、もう亡くなってしまっては残念だし、ご冥福を、としか言いようがない。
 現場では笹井氏の体調不良の様子等、一部の人はある程度把握していたようだが、例の長崎県佐世保市での女子高生が起こした事件ではないが、無責任で且つある意味冷静な外野の野次馬としては、まるで最悪の事態が起こるのを手をこまねいて待っていたような状況にしか見えないが、今さらそんなことを言ってもしょうがないか。
 しかし、これは一研究者の人生の結末であって、今回の一連の問題の結末ではないはず。結局まだ誰も説明責任を果たさず、結果的に誰も責任を取っておらず、問題の真相究明や再発防止も全くなされていないという現状に何ら変化はない。特に理研と文科省の責任は重いと言わざるを得ない。
 今回の笹井氏自殺の件に関しては、ネット上ではマスコミにも責任があるという議論も一部あるようだが、そうであったとしても難しいところ。そもそも当初あれだけ研究の成果を(しかも本来なら必要でない演出まで加えて?)大々的にマスコミ相手に発表しておきながら、都合が悪くなると「取材・報道は控えて」というのが難しいのはガキでも分かること。一方で、マスコミ側にも取材・報道の仕方に改善の余地はいくらでもあったろう。大学や研究機関が法人化し、以前に比べて大学・研究者側でも研究成果をマスコミを通じて世間一般に報告する、自分の研究の宣伝・アピールをする、ということが求められる時代に良くも悪くもなってしまっている中で、大学・研究者側のマスコミ対応も、マスコミ側の取材手法もまだまだ試行錯誤の段階なんだろう。そうして現場では急激な変化がある一方で、トップには相変わらず、マスコミを介して広く世の中に自分の研究の意義を正当化する必要もなかった古き良き時代に活躍した面々が居座っているのだから、現役との意識のギャップの差は相当なものなんだろう。マスコミ側も大学・研究機関側も、そしてその広報を受け取る側の我々も反省すべきところはして、今後このようなことが二度と起こらないようにしたいもの。

 先日東北大学発のベンチャーの一つが破産手続きに入ったというニュースが出ていた。東大発のベンチャーでも太陽電池関連でぽしゃったのがあった一方で「ミドリムシ」関連は順調だったと記憶している。こうしてみると、こういうベンチャーでも、実際の研究の斬新さ、ポテンシャルよりも、世間一般にその斬新さ、ポテンシャルを如何にアピール出来るかで明暗が分かれるようで。世間受けというのかマスコミ受けというのか。ネット上でも「政治はもっと期待の出来る分野に援助を」という声で溢れているし、それはそれでまた自然のことだし。難しいところですな。そもそも世間一般(つまりは素人の集団)にその斬新さ、ポテンシャルが理解できるような分野、かなり高い確率で成功が期待される分野は、需要と供給ではないが、黙っていても企業が競って投資し研究開発に取り組む分野なので、元々政府や大学側の協力はあるには越したことがないにしても必須のものではないんですな。いくら「産学連携」(政治家・官僚も交えて「産学官連携」でも良いが)を謳っても、利益にならないことには企業は手を出さないし、利益が出そうなら放っておいても手を出す。単純なこと。そこで「官」としては、本来ならその分野の発展のための法・規則の整備等が期待されるんだろうが、そうなると管轄が必ずしも文科省や経済産業省単独ではないだろうから、縦割りで各省庁間の協力はもちろん連絡すらままならない状況ではそれもあまり期待できないんだろう。本来なら「学」と「官」はこうした「流行り」の分野よりもむしろ基礎科学の発展にもっと寄与すべきなのだが、世間への説明責任が求められる現代にあってはそれも難しいんだろう。この問題は日本に限ったことではないし、実に難しい問題で。

 まだ詳しく報道の内容を読んでいないが、朝日新聞での以前の従軍慰安婦関連の報道か何かに、捏造か最低でも事実誤認があったようで。こういったことに関しては最低でもきちんと説明と謝罪はしないと。記事をパッと読んだ限りではそんな謝罪といった雰囲気は一切なし。これは相当に問題有りだと思うが。いつの時代にもどんな集団にもどうしようもない人はある一定数はいるものだが、政治家やマスコミのトップにも昔からこういう人達がいるんだろう。自浄作用が働かない分、こういった権力のトップにいるどうしようもない人達はホントにたちが悪い。

***************************************
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。