スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G・K・チェスタトン「イズレイル・ガウの誉れ」: The Honour of Israel Gow (1911) - G. K. Chesterton

 今日紹介するのはG. K. Chesterton(G・K・チェスタトン)原作のFather Brown(ブラウン神父)シリーズ第一作の短編集The Innocence of Father Brown(邦題「ブラウン神父の童心」)所収のThe Honour of Israel Gow(邦題「イズレイル・ガウの誉れ」)。

 チェスタトンの著作の多くは著作権が切れているのかネット上で無料で読める。この短編集はいろんなファイル形式で、例えばコチラで入手可。「イズレイル・ガウの誉れ」単独でウェブ上で読むなら例えばコチラで。

 邦訳は、例えば創元推理文庫の「ブラウン神父の童心」(中村保男 訳)として入手可能。


ブラウン神父の童心


 何とも不思議な話。ちょっと不気味な感じも。ブラウン神父がユーモアのセンスを感じさせる軽口とも取れる語り口で楽しませてくれる作品。

 ブラウン神父がこうして作品を重ねるごとにどんどん魅力的なキャラになって行くのは素晴らしいことだが、それに対して以前の超人キャラ・悪役キャラがすっかり凡キャラと化してしまっているのが何とも残念でならない。魅力的なキャラは両立しないものなのだろうか。まぁ、謎めいたキャラが謎が解けていくにつれてつまらなくなって行くのはある程度しょうがないのかもしれないが。

 < "This is not a story of crime," he said; "rather it is the story of a strange and crooked honesty. >

 こうした観点からは今作品もMystery小説ではあってもCrime小説ではないということか。まぁ、最低でも現代日本でいうところの遺体損壊の罪(今、Wikipediaで見たら、正式には死体損壊等罪というらしい)はあるようにも思うが、当時のイギリスでもそういったことは罪とされていたようにも思うのだがどうであろうか。

 これまで紹介して来たブラウン神父の中でも毛色の異なる作品。ブラウン神父もののファン以外でも、格調高い文章で綴られた短編が読みたい方にならお薦めできる作品。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
***************************************

日々の個人的なメモ・独り言(備忘録用)

 先日書いた記事のところで誤って「拍手」ボタンを押してしまったところ、「拍手が完了しました」(だったかな?)という表示が。どうやら自分のブログ記事にも拍手が出来るようで。知らなかった。そうすると、訪問者の数も自分でいじれるのだろうか。まぁ、いずれにしても虚しい努力であることに変わりはないが。

 今日レビューしたブラウン神父ものではないが、女子高生による猟奇的な事件がまた発生したようで。こういった話はエンタメ作品の中だけで充分なんだが。まことにショッキングではあるが、こういった話が何年かに一度、世界のどこかから聞こえて来るところを見ると、かなりの少数派にしろそういった事件を起こしかねない人間が確実に存在するということだろう。あるいは所謂まともな人間でもある特異な条件が揃えばそうなってしまう可能性を秘めているんだろうか。いずれにせよ罪は罪、殺人は殺人ということで、しっかり処罰し、犯人には罪を償ってもらいたいところ。未成年であっても、少なくとも義務教育が済んでいる年齢であれば大人同様に処罰すべきだと思う。「三つ子の魂百まで」ではないが、性格的なものは中々変わらないので、「更生」といったものも実際にはほぼ不可能であることは誰の目にも明らかであろうに。とにかく亡くなった女子高校生のご冥福を祈るとともに、その遺族にも少しでも心が安らぐ時が一日も早く訪れますことを。

 理研の話は相変わらずみたいで。とにかく真相解明はそれできちんとやるとして、理研の(一部)解体の是非は良く分からないが、少なくとも野依さんを筆頭に関係者は全て解雇・降格等の厳正な処分をしなければ仕切り直しとはならないだろう。が、野依さんには専門家でもいろいろと言いにくいようで。いくらノーベル賞受賞者でも会社・組織のトップである以上は辞任する必要が当然あると思うが、往生際の悪さも筋金入りなんだろう。

 W杯後の各有力チームの戦力補強、玉突き選手移動の話で例年以上にいろいろと興味深い動きがあるようだが、強豪チームが戦力を揃える中で中堅・弱小チームが数少ない有力選手の草刈り場となるのはいつものことだが、スペインならアトレチコ、そしてイギリスではSouthamptonが悲惨なことに。元々Southamptonは若手育成に非常に定評があるところだが、それにしても監督以下昨年のレギュラー選手の半数近くが入れ替わってしまうのでは。これでは今季はプレミアに残留するのすら難しくなったりして。一度降格すると再び上がって来るのが中々難しいことはSouthamptonサポーターが一番良く分かっているだろうけど。何とかこの試練のシーズンを乗り越えて欲しいところ。頑張れ、Southampton!!

***************************************
スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。