スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Father Brown Stories, Series 01 Episode 02, The Queer Feet (1984) - based on the short story by G. K. Chesterton, starring Andrew Sachs

 今日紹介するのは、一昨日紹介した短編The Queer Feet(邦題「奇妙な足音」)のラジオドラマ化作品。G. K. Chesterton(G・K・チェスタトン)原作のFather Brown(ブラウン神父)シリーズを基にBBC Radio 4によって制作され、Father Brown Stories(ブラウン神父シリーズ)の一話として放送された。

 先日のレビューでも書いた通り、このラジオドラマ化作品シリーズはカセット・テープやCDとしてアマゾンから、または音声のダウンロードという形でaudibleから入手可。また、BBCのラジオ放送を聴いていれば、そのうち再放送されるかも。


Father Brown Radio CD


 Andrew Sachs主演。時間にして30分弱。

 リスニング・ヒアリングが苦手な方、原作に拘る方でなければ、寧ろ原作をそのまま読んだオーディオ・ブックよりも聴きやすいと思う。

 原作と比較すると、冒頭のThe Twelve True Fishermenの説明を始め背景描写がそれほどないが、その分だけ多少の脚色も交えながらWaiterの一人であるGiovanniが体調不良を訴えて倒れた後に神父を呼ぶ場面が描かれているため、ブラウン神父の登場が原作と比べてもかなり自然でスムーズなものとなっている。

 先日の原作短編のレビューで書いた通り、元々話の筋が映像化にはあまり向かない作品だと思うが、原作を読んだことのある方なら分かる通り、ラジオドラマなら却って音声だけに集中できる分ドラマ化しやすかったのかもしれない。

 上で言及したCDは、イギリスのアマゾンでは何故か評価の低い商品だが、このラジオドラマも例によって聞き流すにはもってこいの楽しい小品なので、取り敢えずブラウン神父もののファン、BBC Radio 4制作のラジオドラマのファンにはお勧めできる作品。


出演:
Andrew Sachs (Father Brown)
Olivier Pierre (Flambeau)
Nat Brenner (Colonel)
Christopher Scott (Duke)
David Graham (Lever)
Kerry Shale (Hector)
David Sinclair (Doctor)
Arnold Diamond (Giovanni)
Robin Summers (Jon Pierre)
Alan Thompson (Audley)

Adapted by John Scotney
Directed by Alec Reid

***************************************

個人的なメモ・備忘録・独り言

 W杯の三位決定戦の意義については以前から議論のあるところ。得点王候補を争っている者がいればまた話は違うかもしれないが、今回はVan Persie、Robbenの二人を擁するオランダも相当にやる気がなさそうなので、当人を含めそういったことにあまり興味はないのかも。どうせならオランダは若手を始め、第二、第三のゴール・キーパーを起用して、いっそのこと登録選手全員出場を目指してみるのも手か。ブラジルにとっては三位決定戦で勝利するのにどれだけの価値があるのかは分からないが、取り敢えずアルゼンチン相手ではないので、こちらも盛り上がるような要素は少ないか。モチベーション、コンディションの点でブラジル有利か。今回は珍しく大敗したが、ブラジルは元々調子に乗ると大勝も、オランダはムラがあってズルズル行くと大敗もよくあるチームなので、意外にブラジル大勝もあるかも。チアゴ・シウバが戻れば少しはバックラインも締るだろうし、二試合連続で大敗したら選手やスタッフの身の危険にも通じるので、モチベーションはブラジルの方が上だろうから、オランダが大勝する可能性は低いか。

 例の号泣していた兵庫県議は辞任したということで本人も議会も一刻も早い幕引きを図りたいようだが、これは理研の問題と同じで具体的な再発防止がないと何の解決にもならない。いつも書いているが、いつの時代でもどんな組織にでもしょうもない人間と言うのは一定の数はいるもんである。今時、性善説とかいう寝ぼけたことを掲げているところは、要は自分や身内に甘いだけ。こういう制度は性悪説に立って運営しないと。私だって人間が腐ってるので、兵庫県議みたいに好き勝手できたら私物を買ったり生活費だって計上したりするかもしれない。それがこちらではしたくてもできないようになっているからしないのであって、政治家にも好き勝手出来ないように最初から制度を設計していれば問題ないのに。公務員も予算を使い切らないと次の予算がつかないというアホな制度をなくせばもっと無駄は減るんだが。尤も、私の知り合いの例を見ても、当然のことながら公務員の多くがやってる無駄遣いは公務員個人の利益には繋がっていないので、同情する部分もあるが。

***************************************



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Idler

Author:Idler
読んだ本、視聴したテレビ番組・ラジオ番組・音楽の感想など。やや英語の作品や洋楽、特にイギリスのコメディやミステリ作品に偏向。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。